Japanese
English  



Blog/掲示板


オリジナル曲
 
The レリック道


着せ替えギター


illust
イラスト

Gear talk
なーどなGEARトーク

 

エレキギター系
 
* テレキャスターに対する誤解とその真実
* オーナーズ・レポート&改造Report
* ギター/Fenderのオタク的知識
* ジミー・ペイジとテレキャスターの考察
* テレキャス・ユーザーを検証する
* Leo Fenderの仕事に対する姿勢
* ギターお手入れ学
* ニトロ・ラッカーは本当に最高か?
* ギター職人Roy Buchanan
* Dr.K - テレ教祖く
* The GURU - Bill Lawrence
* Tele Players' facts and 語録集
* テレキャスに合うL型プラグ/シールド

 

Features
 
* ストリングベンダー
* MusicMan工場見学
* Stetsbar - とってもCoolなトレモロ
* グリニング・ドッグ−Jimmy Pageの音を再現!
* YAJIMA STRING WORKS
* Joe Barden Guitars インタビュー
* ギタービルダー要チェック! USACG
* Chapran工房1/6ギター
* VanZandt& PGM インタビュー
* Troy Dexter - LAの現場から
* Girlbrand - アートなGIRL達!
* こだわりの楽器屋Music One Workshop
* Temjin Pickups & Guitars工房インタビュー

 

クラシックギター系
 
* パク・キュヒのバリオス
* バッハ BWV998
* 主よ、人の望みの喜びよ
* バッハのシャコンヌ
* Su Mengの超絶っぷり!
* Alberta Khouryのセビリア
* どSな教本
* なんでクラシックギターの指板はフラット?
* トーマスハンフリーのミレニアム
* ギター購入記 in New York
* ギター用編曲コーナー
* 手が小さい人、
Rockな貴方には・・

音楽系ジョーク&実話集

* Jokes
* 実録New York 生活残酷物語 


----------------
Links
LINKS
 

----------------
音楽雑誌が当サイトを
紹介してくれました!







----------------
Old stuff
試奏レポート
Elic Claptonオークションin NY
Fender USA工場ツアー・レビュー
MIDI :ピアノ協奏曲 Emperor第二楽章

----------------
管理人に連絡する


サークルフレッティングシステム
by maguro-gun


皆さんは、フジゲンから発表された”C.F.S.”こと「サークルフレッティングシステム」
をご存じですか?(知ってる方ごめんなさい!)
何でも日本のとあるビルダーの方が、

「・・・何故フレットは平行に打たれている!!??
 ギターの弦は6本とも平行に張られていないのに。
 これでは、弦とフレットが垂直に交わらないではないか!
 ってことは、弦ごとにスケールが違うじゃないか!!オーマイゴッド!
 これじゃあいけないぜ兄貴。へへへ・・・・
 俺は今からフレットをひん曲げて打ってやるぜ・・・」

なんて言ったのかどうかは知らないけど、
とにかくフレットを円弧状に打つことで
弦ごとのスケールをそろえてより正確なピッチを
得ようとしたシステムだそうです。
従来のギターにあるフィンガーボード上のピッチのズレを
解消しようとするアプローチ、という点ではバジー・フェイトンと
同じような感じですが、仕組みは全然違いますね。


最初聞いたときはヒジョーーーーにうさんくさかった(笑)。
そもそもギターなんてもの、フレットは減るわネックは反るわ
ジミヘンばりのチョーキング&アーミングなんてした日には
チューニングなんかおととい崩壊しとるわ・・・のいい加減極まりない楽器ですからねぇ(笑)
そんなことしても効果あるんですか!?って感じで。
んでも、試さずに門前払いはフロンティア精神のかけらもないじゃないの、
ってなことで池袋にあるフジゲンカスタムショップに出向いて試奏してみたんです。

これがまた素晴らしい!言葉では言いにくいけど・・・・
コードを弾いたときの音が今までより「元気」に
なったっていうか・・・やっぱり、ピッチは断然正確になってるんですよ。
特にハイポジでは差が歴然としてますね。
店員さんのお話では、特にアンサンブルの中で
(キーボードなど)の楽器との調和がとれるとのこと。
実際には数値上ではそれほど差はでないけど、
聴覚には明らかに訴える物がありましたね。

現在はストラトやテレ用のリプレイスメントネックだけの販売だそうです。
んだったら、このネックと家にある余りパーツで1本テレ作るか!
って思ってます。可笑しいことにボディだけがないんですけどね(苦笑)


ただ一つだけ気がかりなことが・・・実は試奏したとき、
比較用にもう一本同じスペックのストラトを弾いたんですが、
そのストラト、ブリッジが「フローティング」してたんです・・・
フローティングさせると音変わりません?オクターブも合いにくいし・・・
それを指摘しよう指摘しよう、と思ってるうちに閉店時間になっちゃって。
なーんか、それだけが引っかかるんだよなぁ。陰謀臭いなぁ(笑)
ま、そのギターと比較する前から「いい感じ」でしたけどね。


あーー!文章長くなって済みませんでした・・・最後まで読んで頂いた方、感謝します。
 



☆バジーフェイトンも試奏しちゃいました☆

by maguro-gun

今日はバジーフェイトンを試奏してきました。感想は、
「精度的にはサークルフレッティングシステムの方が少し上」
です。って言ったら元も子もないですね(笑)
多少ニュアンスも違うんですよ・・・ただ、これだけは言えますが

「ナットをブリッジに寄せるだけでこんなに違うのか!」

特に、ローフレットでのコードはCFSよりも優れてるかもしれないです。
そのギター、ちゃんとオクターブを合わせて
なかったみたいですが(合わせろよ、店員さん!(笑))、
それでも普通のギターよりもずっと強力でしたよ。
パテントの数値でオクターブを合わせればかなりいけるかも。

CFSだとネックを交換しなければならないのに対し、
バジーはナット移動という割と手間の掛からない作業で済むことを考えると
個人的に両者譲らずって感じですわ。そういえば、
ラリーカールトンのテレもバジーが組み込まれていた気が。

因みに日本では神田商会で¥8000ぐらいでやってくれるそうです。
アメリカでは、バジーのページに認定リペアマンがズラズラ並んでました。

ま、CFSにしてもバジーにしても試してみる価値は「大有り」でしたね。
以上、試奏レポートでしたー(^^;;




USA52RI vs MEX Classic '50s Tele
by Katsumi (管理人)

イギリスのGUITARISTという雑誌にUSA52RIとMEX'50s Teleを比較した特集が載ったので
少しだけ紹介します。


さて、この比較の結果から言えば当然USA52RIの勝ちとなったのだが、その差はほんの
わずかなものだった。では、MEXはどうすればUSAに近づけるのか、もしくは超えられるのかを
筆者の無責任な想像を交えて解説していきます。
 

  USA 52 RI MEX'50s Tele
BODY 2ピース プレミアムASH 4ピース ASH (*1)


RIの「プレミアムASH」とは、そういう名前の木がある訳ではなくFenderが勝手に最高級の
クォリティの材をそう呼んでいるだけ。
ま、4ピースでもラミネートBODYじゃなければいいか。 どうしてもいやな人は1ピースか
2ピースの良質なBODYを買えば良い。 ちなみに本物のvintageは2ピースか3ピースが一般的。


(*1) 
ここは「たまたま雑誌がテストしたギターは4ピースだった」位に読んだ方が正解。
現在筆者はMex'50を持っているのだが、それはなんと1ピースbodyです。 
Fneder USAに確認したら「このモデルにも1ピースはあり」との回答でした。

自分のは3ピースだったというムックさんから参考として
MEXストラトの3ピースBODYの写真
をいただきました。


 

USA 52 RI MEX'50s Tele
重さ 3.75Kg 3.5Kg


おっ?MEXの方が軽くていい! ・・って固体差を考えると0.25Kの違いなんてないも同然だな。
 

USA 52 RI MEX'50s Tele
マシンヘッド クルーソン・タイプ (Gotoh製) クルーソン・タイプ


ふっ、やっぱGotohで来たか。ただの「クルーソン・タイプ」がいやな人は迷わずGotoh製のに
買い替えましょう。でも「ふつうなら30年もつところをGotohなら50年は大丈夫」みたいな
差しかないのなら30年後に悩めばいいか。
 

USA 52 RI MEX'50s Tele
塗装 ニトロ・ラッカー ポリ・ラッカー


これについては宗教戦争にまで発展しかねないからあまり言いたくないのだが、ポリだって
良い音のはあるし、ラッカーだってカスみたいなギターはあります。要はそのギターが
トータル・バランスとしてどれだけの素質、性能を出しているか+プレイヤーの腕なので、
「ポリだから負け」とするのはあまりにも短絡的だと思います。

ちなみにこのモデルは普通はラッカーと言いながら実は下塗りにはポリが使われているのだが、
日本市場ではオールラッカーのもあるし、米国内でも、ある楽器屋の特注バージョンとして
オールラッカーのが存在します。

 

値段 良質な材料を使っているにしても、52RIの値段をつり上げている
最大の要因はUSAの人件費である。


つまりMEXは人件費が安いので良いギターでも安くできるという訳。
しかし! そもそもメキシコ人の仕事を侮ってはいけない。例えば、数多くのすぐれたVintage Guitarの
ネックやBODYを造ったTadeo Gomez氏だってメキシコ人なのだから!
 

USA 52 RI MEX'50s Tele
ネック 52年Vシェイプ 「50年代」とされているが57年のものに近い
記事 テストした2本はどちらもすばらしい出来だった。


しつこいようだが固体差があるので買う時はせめてフレットのエッジの処理がきちんとしたものを
選びましょう。でも、さすがにRIで「なにこれ?」という物は今まで見た事がない。
それにしてもMEXのネック・シェイプはテレキャスのDiscussion Pageとしてはおそらく世界最大である 
  Telecaster Discussion Page Reissue に「もう最高!」みたいな投稿がよく見られる。

 

USA 52 RI MEX'50s Tele
ブリッジ サドル ブラス製  steel製
記事 RIはブラスを使って音質的に正しくオリジナルを再現している。

どちらもチューニングが完全には合わないので妥協する必要がある。

ちなみに筆者はこの「合わない」サドルをそのまま妥協して使うのは絶対にイヤ。
チューニング問題に対処するために正しい角度が付けられている3-Wayサドルにさっさと交換します。
角度付きサドルを扱っている所についてはここを見て

なんかブラスの方が高級っぽい感じがするけど、ブラス製かSteel製かは単に「個人の好み」の問題です。

一般的な傾向としては:
Steelの方が硬い材質なのでサスティ−ンが少し長く、明るめの音。
ブラスはSteelよりは暖かく、丸い感じの音質・・だそうです。





 

USA 52 RI MEX'50s Tele
Sound 少し曇ったような音はアンプを通すと非常にパワーのある音となる。中域がより多く高域がほんの少し少ない。 Pureなシングルコイル サウンドはエフェクトのノリも最高だ。

配線がオリジナルと同じなので非常に不便だ。テレキャスの魅力である2つのPUを同時に使ったサウンドが出せないのも困る。

(しかしRIを買えばこの配線を現代のテレと同じにする改造パーツがついてくる)
アコースティックに「ほとばしる」ようで且つ「きらきら」した音。アンプで鳴らすと驚いてしまうほど。

日本製のかん高くて鋭すぎる音ではなく、ハード・ロックにもカントリーにも使えるような、もっと太くて、木の音がする。

フロント:
Hendrix toneにさらに高域と低域を足したような音:つまり、透明で明瞭な音だ

Middle:
すばらしく太いサウンドでクリーンなものならなんでも、例えばFunk, Pop, そしてBrent Mason風の新しいカントリーの音にもぴったりだ


 

コストパフォーマンス この値段でこれだけのクォリティなのでMEXの勝ち。それでも正しくて良質な材料、塗装で造られたRIを高すぎるとは思わない。



どうもRIとMEXは目指している物が違うようですね。RIはReissueと言うからにはVintageの再現を
狙っているので、多少の不便な点(配線、チューニングが合わないサドル、二つのPUの音量差)
までも忠実に再現しています。
そのため、そのままで即実戦で使えるかというと疑問があります。

FenderもRIに6-wayサドルとか現代風配線図等の「実戦配備用改造キット」を付けてくる所を見ると、
せっかく最高級素材のギターなのだから骨董品として飾ったり磨いたりするだけではもったいないぞ、
という気持ちがあるみたいですね。


MEXの方はオールドっぽい音で安くて、しかも「ちゃんと使える」ギターを皆様に・・という姿勢のようです。


ところで、この雑誌に書いてあったのだが、どうやらイギリスではFenderは今まで中堅クラスの
Vintage シリーズは日本製だったのだが1999年からこのメキシコ製に変わったらしい。
で、日本製とメキシコ製を比較していた文章によればメキシコ製の方がより良いネック、
より良い塗装、そしてなによりもPUの質で「圧倒的に」勝っているんだそうだ。

 



Guitar Player誌(April/2000)のテレキャス・レビューより抜粋です。
 

U.S.Fat Tele

72年から82年までのハムバッキング付きテレは2tone  2volumeだったが、
このモデルはトラディショナルなコントロールを採用している。
多くのハム+シングル PU付きギターは音量バランスが非常に悪いのだが
このギターはそこもうまくできている。

さらにハムの片方のコイルをキャンセルしてシングル・サウンドにすることもできる。

セッティングには5種類あり、それらの全てが美しいバランス、プレゼンス、
良質なVintage Teleのようなアコースティックな広がりがある。

フレットは最近のモデルらしい太目の物だ。

「職人魂」で造ったという感が全体的にみなぎっており、ハデなピックガード
も塗装ミスの全く見られないきれいな 2 toneサンバーストとよく似合っている。

Fat Teleはその名が示すように、Vintageのすばらしさプラス・アルファ
というギターだ。 カントリーのパキパキ感からロック系の力強いサウンドまで
出すことが出来る。そしてそれは他の多くの「新型」テレキャス達が求めている
のだが、なかなかこのレベルにまでは達成できないでいるのだ。
 


ここまでホメてると「おいおい、欲しくなっちまうだろー」です。
・・・・という訳でスペックはこれ:

Body : Alder
PU neck : Fender DH-1
PU bridge : American Standard Tele
5-way PU selector :
(1) Neck hum
(2) Neck single
(3) Neck hum + bridge
(4) Neck single + bridge
(5) bridge


ギター・マガジン誌に載ってた写真によれば、このギターは現在のアメスタと違い
ピックガードの下に大きなルーティング加工が施されている。 センターPUを追加
したい人にはいいかも知れないが筆者は意味のない穴は嫌いだ。
(でも、このギターって重いらしいので少しでも軽くしようとしたっていう説もありか?)

不透明塗装モデルはもちろん、2 tone サンバーストも側面は不透明の黒なので
おそらくラミネートBodyを使っているだろう。

でも音はバッチリらしいので、もし筆者に金と暇があったらこれを買ってBodyを
ASHの軽いやつに交換して使ってみたい。


 



次元さんがBBSに書き込んでくれた試奏レポートをここに転載します。

シンライン試奏レポートです。


こんちは。みなさんよろしくです。
メキシコフェンダーから出た、シンライン2タイプ弾いてきました。
(物好きな楽器屋さん、ありがとございます。)


 マホガニーボディ、ローズ指板タイプ

ホローボディってことで生鳴りは大きいです。
フロントPUはも少しパワーあってもいいかなって感じです。
これをテレに求めてはいけないんでしょうか。
ネックは薄めで親指側がすこし厚い感じです。昔の日本製のギターで
あった感じです。



 アルダー?ボディ、メイプル指板タイプ

こっちの方が一般的ですよね。フレットがフェンダーにしては太い。
フロントのふわっとした感じが、通常のテレに比べ小さい。
釣下げ方式のためか。音はカリッとハリのある感じです。ネックは
薄めのカマボコ型。個人的に三角ネックより好きです。
でもレリックの52モデルのネックってなんていうんでしょうね。

ちょい前にカスタムショップのシンライン見せてもらってたんで、
どうしてもパーツとか木目とかをそっちと比べてしまい、見劣り
してしまいますが、値段は4分の1くらいなんでそんなもんなん
でしょう。

 ではでは。


筆者がNew Yorkの楽器屋さんをハシゴして試奏してきました。
試したのは以下の3機種だけです。
 

American Standard Telecaster (Alder Body)
  四本くらい試したけど、どれも音は明らかにテレキャスでした。 (音に関してはハズレはなかった)

ネックの形状・広さ・感触すべてが筆者のフロイド・ローズをつけたストラトにそっくり
(つまりUシェイプネック、ワイドでオールドに比べてフラット気味な指板)でとても弾きやすいと
感じました。

ローズとメイプル指板の違いは生音では違ったのかもしれませんが、アンプを通した音だけでは
筆者は判別できませんでした。 指板の材質にこだわるよりは、よっぽどアンプの種類や
セッティングとか弾き方に気をつかった方がいいと思ってしまいました。
(これがもし雑誌に掲載されるレポートなら 「メイプル特有のカラッとしたキャラクターが
ローズ指板によって少しマイルドになっている印象があった」とでも書かされるんだろうな、きっと)

フレットの横がはみ出していてスライドすると手がいたいというやつが1本ありました。

PUの音量のバランスは問題ありませんでした。(これが当たり前なんですけどね)

不透明塗装Bodyをある角度から見ると、明らかに3ピースと判る物と全くつなぎ目が
見えない物とがありました。つなぎ目が見えない物は間違いなく表と裏にラミネート材が
貼ってあるモデルです。

 
American Standard Telecaster (Ash Body)
  一本しか楽器屋になかった。 アルダーから持ち換えると非常に軽く感じた。 しかし、
軽いという事以外にはアンプからでる音はアルダーBODYの物と特に変わる事が
感じられませんでした。
(すんません。これは静かな個室でじっくり比較すれば多分わかると思う。そもそも始めての楽器を
初めての部屋、初めてのアンプで少しだけ試すような試奏では、微妙な差とか楽器のクセなんて、
まずわからないです。おおまかな雰囲気というか傾向を捉えるのが目的ですね)

ASH BODYはナチュラル・フィニッシュのみ。値段は100ドル位高いけど、これには
ラミネートBodyは絶対存在しないので精神的に安らかになれるかもしれない。
  (でも、なかなか美しい木目のやつってないんですよね)

 
52 Telecaster Reissue
  これも一本しかなかった。 

フロントPUに切り替えると「えっ?ちょっと聞こえませーん!」と言われそうな位パワーがない。
( こういう困った所までしっかり再現している)

ネックは狭くて慣れないときびしそう。

弾いているとネックまで振動しているのが感じられ、ギター全体で鳴っているという印象があった。
たしか、Reissueはプレミアム・ASHをBODYに使っているので、こういう所に差がでるのだろうか? 

配線を今風にする改造セットも付いて来るから筆者だったら絶対にそれ使っちゃいます。
あと、3サドルのおかげでチューニングが合わないから斜めサドルもGETしたいですね。
 


アメスタに関しては、いかにもテレキャスという音以外にもセッティング、弾き方次第で今風の音が
いくらでも出せました。 全く異なった個性のPUが2個あるのと、それらの組み合わせや、ボリュームや
トーン・コントロールが使い物になる等、私の持っているストラトと比べてもサウンド・バリエーションが
多いくらいです。

まとめ:
ギターは固体差がかなりあるのでハッキリ言って一本試しただけではわからないと思います。
ASH BODYモデル(52RIやアメスタのASH BODY等)なんかは、それぞれ重さも違うし当然音も
変わるでしょう。フレットの横がギザギザでスライドすると手が痛いっていうやつも別にめずらしい
話ではない。
ま、自分が欲しいモデルの中から、作りがしっかりしてて生音がいいと思うやつを買えばいいのかな?
Pickupや配線は後で取り変える事もできるし。


以上、筆者の独断と偏見のレポートでした。

 


Telecasterの試奏テスト・レポート(1999年版)

Dr.K氏がGuitar Magazine誌でテレキャスの試奏テストを行いました。
全部を掲載すると著作権等で問題がありそうなので、ここでは参考までに一部のみ、
それも大体の要点だけをまとめてみました。

52 Telecaster Reissue
  音が太い。本物のビンテージほどパキパキしていない。バッキングや渋い曲には向いている。
90s Tele Thinline
  パキーンとくる、”これぞテレキャスター”って感じの音。ホローボディのせいか、ディレイや
リバーブのノリが良い。ボディも軽くて良い。 トーンを最大に回して回路を切る時にカチッていう
音がするのが気になる。
American Standard Telecaster (Alder Body)
  お手軽にパキーンという音が出せる。リアにくらべてフロントはかなり控え目。(音量のバランスはOK)
聴けばすぐにテレキャスとわかる音を持っている。
US.Fat Tele
  持った感じちょっと重い。5way selectorでいろんな音がだせる。サウンドは"FAT TELE"という
感じがする。
TL52-80TX Fender Japan
  ヌケがいい音。パキパキしててテレキャスらしさを感じる。ビンテージ特有のフロントのパワーの
無さまでは再現していないので、現代のギターとして使いやすそう。

以上がDr.K氏の評価の一部でした。
 






20150114100823_list.asp



Tag :  GUITAR    

T.C.T  Copyright® 2000-2017 All Rights Reserved. by Katsumi