Japanese
English  



Blog/掲示板


オリジナル曲
 
The レリック道


着せ替えギター


illust
イラスト

Gear talk
なーどなGEARトーク

 

エレキギター系
 
* テレキャスターに対する誤解とその真実
* オーナーズ・レポート&改造Report
* ギター/Fenderのオタク的知識
* ジミー・ペイジとテレキャスターの考察
* テレキャス・ユーザーを検証する
* Leo Fenderの仕事に対する姿勢
* ギターお手入れ学
* ニトロ・ラッカーは本当に最高か?
* ギター職人Roy Buchanan
* Dr.K - テレ教祖く
* The GURU - Bill Lawrence
* Tele Players' facts and 語録集
* テレキャスに合うL型プラグ/シールド

 

Features
 
* ストリングベンダー
* MusicMan工場見学
* Stetsbar - とってもCoolなトレモロ
* グリニング・ドッグ−Jimmy Pageの音を再現!
* YAJIMA STRING WORKS
* Joe Barden Guitars インタビュー
* ギタービルダー要チェック! USACG
* Chapran工房1/6ギター
* VanZandt& PGM インタビュー
* Troy Dexter - LAの現場から
* Girlbrand - アートなGIRL達!
* こだわりの楽器屋Music One Workshop
* Temjin Pickups & Guitars工房インタビュー

 

クラシックギター系
 
* パク・キュヒのバリオス
* バッハ BWV998
* 主よ、人の望みの喜びよ
* バッハのシャコンヌ
* Su Mengの超絶っぷり!
* Alberta Khouryのセビリア
* どSな教本
* なんでクラシックギターの指板はフラット?
* トーマスハンフリーのミレニアム
* ギター購入記 in New York
* ギター用編曲コーナー
* 手が小さい人、
Rockな貴方には・・

音楽系ジョーク&実話集

* Jokes
* 実録New York 生活残酷物語 


----------------
Links
LINKS
 

----------------
音楽雑誌が当サイトを
紹介してくれました!







----------------
Old stuff
試奏レポート
Elic Claptonオークションin NY
Fender USA工場ツアー・レビュー
MIDI :ピアノ協奏曲 Emperor第二楽章

----------------
管理人に連絡する


#1: 買うぞ!編

20年近く前に買った茶位幸信の手工ギターしか「使える」クラシックギターを
持っていないので(エレキとかSteel Stringsのアコースティックなら
10本以上持ってたりして・・)、そろそろもう一本位買ってもバチはあたらない
と思った私は思い切って購入を決意しました。

要件としては;

1:  いい音がする物(あたりまえ)
 
2:  でもあんまり値段が高くないやつ(基本貧乏なんで)
 
3: 弦高が適正で弾きやすいやつ
(今のギターは異様に高くてとても弾きにくい。
サドルもこれ以上は下げられないし)
 
4: ハイポジションでもラクに弾けるようにカッタウェイが付いているやつ
 
5: 所有する喜び」があるやつ
 



さて、何を買おうか?


#2: ヤマハをチェック

で、上の要件に当てはまる物をいろいろと調べました。とにかく安くすませたいので、
「所有する喜び」は無理として・・・
まず目に付いたのは楽器屋にあったヤマハのこんなやつ。


おぉ!コンデンサーマイクがサウンドホールから見える!か、カッコいい!
よく見たらやはりコンデンサーとピエゾの両方をブレンドして使えるタイプと判明。
一応ソリッドトップだ。しかも700ドル位で買える。や、安いっ!
音は? ・・・あれ?なんかイマイチ。二件の楽器屋で三本試したけど
どれも「悪くはない」って程度の音でした。
(でも、700ドル相応の音はしてたんでケチを付けるつもりはありません)

うーん・・そんな訳で今回は見送り。
 


#3: TakamineのCD-132SCは?



次にチェックしたのはタカミネのこんなの。



関係ないけどアメリカでTakamineは「タカマイン」と発音
されています。でもツウなアメリカンは「ちっちっち、違うね、
あれは本当はタカミネって言うのさ」とか言って勝ち誇っていたりします。

音の方は? おっ、1000ドルでこれだけ鳴れば良いかも?
このモデルはピエゾオンリーだけど、はっきり言って
生音が良ければアンプから出る音なんてどうでもいい。
もし録音する時はコンデンサーマイク使うしね。

うーん、買ってしまおうか?でも、なんか引っかかるなー? なんでだろう?
・・・あっ、わかった!指板がエボニーじゃなくてローズなんだ!
エレキギターなら全然OKなのにクラシックにこれを使われると
なんかすごく安っぽく見えるのはどうして?

 


#4: TakamineのNPT-110N

同じTakameneのNPT-110Nも試したけど、このモデルは
クラシックギターらしい音が全くしない。
指板の幅も狭いので弾いた感じも全然違う。JazzやRock、Popsとか
カントリー、演歌、その他クラッシック以外の分野ならば活躍して
くれそうだけど、
これでシリアスなクラシックの楽曲は無理

やっぱこれは
「たまたまナイロン弦使っているけど根っこはエレアコ」
って位置づけのようです。見た目かっこいいのに残念・・

お店の人で詳しいのがいたので、

The Natural SeriesとかSanta Feのナイロン弦は入荷する
予定はないの?試したいんだけど」

と聞いたらクラシック通を自負するお店の店員さんが・・

「全く無いです!(きっぱり) クラシックギターの音が欲しいなら
あの辺のギターは試すまでもないです。全然違いますよ」

と言われてしまった。

「なんで同じナイロン弦でソリッドトップなのにクラシックギターとは
こうも かけ離れた音がするの?」

「一番はブレーシング・パターンの違いだと思いますよ」

って言ってました。
ふうむ、やっぱりね。。 

 


#5: Ramirezの2CWE

Takamineで迷っている間に近所の楽器屋さんがラミレスのエレアコを入荷。
昔これをマンハッタンの楽器屋で初めて見た時は
「はぁー、エレアコ造るようになったとはラミレスも落ちたもんだ・・」
と思ったのだが、今の私には大当たり!
音もいい!弾きやすい!


でも値段が2700ドルだぞ?(日本では40万円以上する!)
クラシックギター界では2700ドルなんてタダ同然だと楽器屋にいくら説明しても
タダにはしてくれない
との事。。うーん・・私にとっては充分高いぞ。
Takamineだって音的には (質が違うけど)全然負けてなかったし・・・・
でも大きな違いは「ラミレスには所有する喜びがある」って所なんですよねー。
なぜアメリカに住んでてわざわざMade in Japanを買う?
やっぱここは予算オーバーでもラミレスか?
 


#6: やっぱりRamirez!

悩んだあげく、やっぱりラミレス! ついに買いました!
楽器屋に二本あったので30分以上も個室にこもって一本選びました。
(ほとんど固体差はなかったんですけどね)
「こっちに決めた」と思って裏を見たらなんとネックの裏に少しだけ
傷があるのを発見!ら、ラッキー!!これは値切れる!
さっそく楽器屋と交渉したら思った以上に安くしてくれたので
もう迷わず購入!ラミレス、いや、ラミレスちゃんクラスのギターは
部屋の湿度にも充分気を使ってあげないといけないので
デジタル湿度計も買いました。

家に帰ってから即いろいろと弾いてみる。あうぅー、いい音すぎる!
良いアコースティックギターはみんなそうだが、例えば6弦の開放弦を
ボーンと弾いただけでも
「幸せー!!」
と感じる位に安物とは圧倒的にかけ離れているのだ。

あ、そうそう湿度計も買ったんだっけ。どれどれ・・・ゲゲッ!!
なんと32% !! これはヤバい! で、さっそく加湿器をクローゼットから
出してきてON。

1時間経過 ===> 全然変わらず。

部屋の大きさの割りに加湿器が小さ過ぎるので焼け石に水状態だ。
なんで無駄にデカいんだ、アメリカの家は!!
もうこれはケースに入れっぱなしにして二度と出さないようにするか?
でも他のギター達だってたくさんいるし、持ってるギターが全部入る
ケースなんてないし。なんか小さな部屋があれば・・・そうだ!

そんな訳で今は二階のトイレにギターを入れて加湿器で空調を管理しています。
で、これがトイレに押し込められた楽器達の様子です。(一部)


写真ではわかりにくいですが、買ってきて早々トイレに押し込められた
ラミレスちゃんが怒っているのがわかりますか?


それにしてもNewYorkの冬場の乾燥がここまでひどいとは予想外でした。
いつまでもトイレに保管する訳にもいかないだろうし、湿度管理の問題は
今真剣に取り組まないといけない最重要課題です。

 






20150109102040_list.asp



Tag :  CLASSICAL_GUITAR      GEAR    

T.C.T  Copyright® 2000-2017 All Rights Reserved. by Katsumi