Japanese
English  



Blog/掲示板


オリジナル曲
 
The レリック道


着せ替えギター


illust
イラスト

Gear talk
なーどなGEARトーク

 

エレキギター系
 
* テレキャスターに対する誤解とその真実
* オーナーズ・レポート&改造Report
* ギター/Fenderのオタク的知識
* ジミー・ペイジとテレキャスターの考察
* テレキャス・ユーザーを検証する
* Leo Fenderの仕事に対する姿勢
* ギターお手入れ学
* ニトロ・ラッカーは本当に最高か?
* ギター職人Roy Buchanan
* Dr.K - テレ教祖く
* The GURU - Bill Lawrence
* Tele Players' facts and 語録集
* テレキャスに合うL型プラグ/シールド

 

Features
 
* ストリングベンダー
* MusicMan工場見学
* Stetsbar - とってもCoolなトレモロ
* グリニング・ドッグ−Jimmy Pageの音を再現!
* YAJIMA STRING WORKS
* Joe Barden Guitars インタビュー
* ギタービルダー要チェック! USACG
* Chapran工房1/6ギター
* VanZandt& PGM インタビュー
* Troy Dexter - LAの現場から
* Girlbrand - アートなGIRL達!
* こだわりの楽器屋Music One Workshop
* Temjin Pickups & Guitars工房インタビュー

 

クラシックギター系
 
* パク・キュヒのバリオス
* バッハ BWV998
* 主よ、人の望みの喜びよ
* バッハのシャコンヌ
* Su Mengの超絶っぷり!
* Alberta Khouryのセビリア
* どSな教本
* なんでクラシックギターの指板はフラット?
* トーマスハンフリーのミレニアム
* ギター購入記 in New York
* ギター用編曲コーナー
* 手が小さい人、
Rockな貴方には・・

音楽系ジョーク&実話集

* Jokes
* 実録New York 生活残酷物語 


----------------
Links
LINKS
 

----------------
音楽雑誌が当サイトを
紹介してくれました!







----------------
Old stuff
試奏レポート
Elic Claptonオークションin NY
Fender USA工場ツアー・レビュー
MIDI :ピアノ協奏曲 Emperor第二楽章

----------------
管理人に連絡する


こだわりの楽器屋: Music One Workshop
(モンタナ州 USA)
Music One Workshopは20年近くUSA MontanaでMiletichという親子が
やっている楽器屋/ギター工房だ。
彼らはわざわざメーカーの工場まで行って出来の良い楽器のみを
仕入れて来る事もしばしばあるそう。
それ以外の楽器で彼らが気に入らない物は即返品している。
これが毎週約5本から7本あるというのだから、かなり頑固なこだわりだ。
又、彼らはFenderのゴールドレベル、シルバーレベルのテクニシャンの
資格があり、すべての楽器は店に出す前に彼らのいう「ゴールドレベル」の
セットアップとテストをするのだそうだ。
もちろん改造も大得意でカスタムギターの製作やダブルストリングベンダー
取り付け等も扱っている。
TDPRIでもしばしば話題になるほどで、通販で物を買う事が(日本よりは)多い
アメリカでも「こういう楽器屋から買うなら安心」みたいな気持ちになれる。

ギターメーカーとか工房が自分の製品にこだわるのはわかるが、楽器屋が
ここまでやるってところがすごい。日本にもこんなお店ってあるのかなー?
あっ、これは私の正直な感想で、別にここからお金とかもらってないですよ。
さてさて。彼らのサイトでテレキャスユーザーにとって興味深いページが
あったので以下に翻訳転載させていただきました。

Music One Workshop : The Master Series Telecaster Bridges
brids.jpg (10828 bytes)
briidges.jpg (8862 bytes)
Master Series Telecaster Bridgesはクラッシックなテレキャスターの音を
損なわずにオクターブ調整の問題を解決します。 
pickupの磁界を拡げる「鉄製」プレートのオリジナルFender52年Reissueの
ブリッジをベースに使用。
下方のエッジはフィンガーピッキング時の邪魔にならないよう約1インチに
渡ってカットが施してあります。
フロント側の各コーナーには小さな穴が追加され、よりタイトにスクリュー
でBodyに密着させる事が可能となっており、サスティーンが向上します。 
ブラス製サドルはオクターブ・ピッチを合わせるために計算された角度が
つけられています。さらに、通常より大き目のスクリューとheavy-duty
スプリングを使用する事によって安定性の向上をはかっています。
オーダーする時に、貴方が使用するストリング・ゲージを教えて下さい。
私達がそれを元に計算して正しい角度を付けます。
<<<参考資料>>>

Fender Vintageの鉄製ブリッジプレートについて
(by セイモア ダンカン)
Q:
Fender テレキャスターの鉄製ブリッジプレートとダニーガットンモデル
に使われているステンレスブリッジプレートとは何が違うのですか?
A:
シングルコイルを鉄製のブリッジプレートで使うとpickupからの磁界が
拡がり、ユニークなクラッシックサウンドが生まれるます。
同じpickupをステンレスのプレートで使うと磁界が拡がらないから
明るい、よりクリアーなトーンになります。
Joe Bardenとかのrail pickupは鉄プレート使ってはいけません。
なぜなら、プレートがN極とS極両方にさらされる事になるので
pickupのクォリティとか効率を妨げてしまうからです。
rail pickupにはやはり磁気を帯びないステンレスかブラスプレートが
良いでしょう。
私はテレキャスにブラスプレートというのは好きではありません。
テレキャスの音が変わってしまう気がしますからね。
普通プレートはニッケル、クローム、又はゴールド加工されて
いるから、まず材質をチェックする事ですね。
クラッシックなテレキャスの音が欲しい人は鉄プレート
(磁石がくっつくやつ)を使うべきですよ!

ゲージによって角度変えるって所に「こだわり」を感じてしまう。 あと、ダンカンのコメントもためになって良い。
彼によればレール タイプのPUはブリッジプレートとセットで考えないといけないようですね。

(でもジョー・バーデンの意見はダンカンのとは全然違っています。
ジョー本人のコメントはこのページにあります

という訳で彼らのSiteはここ ==> Music One Workshop 


改造プレートと改造サドルのセットで$100くらいです。
これを日本に送ると送料は多分1000円から2000円の間になるでしょう。
 





えっと、オーナーズ・レポートにあるように現在はもここのプレートと
サドルを使っています。BBSにPOSTされたこのブリッジに関する発言や、Music One
のLarry氏とメールや電話で話をしたので、更新情報です。

直接英語でオーダーのやり取りしたくないって人は が変わりに買ってあげてもいいですよ。
(しつこいようですがはここから金をもらってません)

BBS、メールより:

テキーラさん:
私は、katsumiさんにお願いしてMusic Oneのブリッジを送って頂き、愛用してます。 因みに、
このプレート鉄製で、ニッケルメッキしてありますが、
 別に気にはしてませんが、エッジ部とかの
R部分のメッキが薄く、もう錆びてきてしまいました。

Katsumi:
え、そうなんですか? 私のはまだ大丈夫です。この差はなんなんでしょう? 

テキーラさん:
やっぱ個体差じゃないでしょうか?
でももうWPC処理して、ラッカー吹いちゃいましたから、大丈夫です。

Katsumi:
しかしやっぱ原則USA製は造りが雑って事ですかね?

テキーラさん:
ええそうだと思います。だから上記の通り、個体差が大きく
当たればすっごくナイスなもので、ハズレたら目も当てられないのでは??
いずれにしろ、音的,機能的にMusic Oneのはナイスだと思います。

 
「元に戻せない改造はやりたくないので追加のネジでBODYに穴を開けたくない」

---> 
Music Oneにオーダーする時には「プレートに追加の二つの穴を開けないで」
というのも可能でした。
 
「私の使用弦のゲージは1弦から
011  014  018p  028  038  048
1弦から3弦がプレーン、4、5、6弦は巻き弦です。
katsumiさんのはオーナーズ・レポートによると008から011の範囲とのこと。
011だから許容範囲ってのじゃなくてできれば011が真中(一番ぴったり)にくるように
調整していただければありがたいです。」

---> 
Music Oneに問い合わせた所、このような厳密なオーダーにも
適確に対応できるとの事。「当然その場合は角度設定が違う」と言ってました。
(いったいどんな機械でそんなに精密に設定できるんでしょうね??)

ハズレを引いてプレートが錆びるのイヤだぞって人はサドルだけオーダーしても
十分意味がありそうです。
 
 


 



 
久しぶりにMusic Oneのラリーに聞いたら、最近はcarved edge と
saddlesをきれいに磨いているんだそうです。
もし私に注文して欲しいって人がいたら、使ってる弦のゲージを教えて下さいね。  
それによって最適な角度を付けてくれるので。 
サドルは 

brass, 
各弦専用に溝が付いたsteel saddles, 
threaded type, 
普通のsteel saddles 

のどれか好きなのが選べるそうです。
 






20150108151633_list.asp



Tag :  GUITAR      FEATURES    

T.C.T  Copyright® 2000-2017 All Rights Reserved. by Katsumi