Japanese
English  



Blog/掲示板


オリジナル曲
 
The レリック道


着せ替えギター


illust
イラスト

Gear talk
なーどなGEARトーク

 

エレキギター系
 
* テレキャスターに対する誤解とその真実
* オーナーズ・レポート&改造Report
* ギター/Fenderのオタク的知識
* ジミー・ペイジとテレキャスターの考察
* テレキャス・ユーザーを検証する
* Leo Fenderの仕事に対する姿勢
* ギターお手入れ学
* ニトロ・ラッカーは本当に最高か?
* ギター職人Roy Buchanan
* Dr.K - テレ教祖く
* The GURU - Bill Lawrence
* Tele Players' facts and 語録集
* テレキャスに合うL型プラグ/シールド

 

Features
 
* ストリングベンダー
* MusicMan工場見学
* Stetsbar - とってもCoolなトレモロ
* グリニング・ドッグ−Jimmy Pageの音を再現!
* YAJIMA STRING WORKS
* Joe Barden Guitars インタビュー
* ギタービルダー要チェック! USACG
* Chapran工房1/6ギター
* VanZandt& PGM インタビュー
* Troy Dexter - LAの現場から
* Girlbrand - アートなGIRL達!
* こだわりの楽器屋Music One Workshop
* Temjin Pickups & Guitars工房インタビュー

 

クラシックギター系
 
* パク・キュヒのバリオス
* バッハ BWV998
* 主よ、人の望みの喜びよ
* バッハのシャコンヌ
* Su Mengの超絶っぷり!
* Alberta Khouryのセビリア
* どSな教本
* なんでクラシックギターの指板はフラット?
* トーマスハンフリーのミレニアム
* ギター購入記 in New York
* ギター用編曲コーナー
* 手が小さい人、
Rockな貴方には・・

音楽系ジョーク&実話集

* Jokes
* 実録New York 生活残酷物語 


----------------
Links
LINKS
 

----------------
音楽雑誌が当サイトを
紹介してくれました!







----------------
Old stuff
試奏レポート
Elic Claptonオークションin NY
Fender USA工場ツアー・レビュー
MIDI :ピアノ協奏曲 Emperor第二楽章

----------------
管理人に連絡する



現在私(Katsumi)はUSACGの日本ディーラーをやっています。
以下の記事は昔まだUSACGと関係無い2005年頃に一個人として書いたものです。
 

 

ギタービルダー、メーカー要チェック!
USA カスタムギターズ


自分はカスタムギターを造るために、Bodyは楽器用の材を専門に扱っている
材木屋さんから四角い木を買って削っているのですが、さすがにネックを一から
削り出すのは自分にとっては100年早いのでここはオーダーする事にしました。

で、どこに頼むかだけど、
「やっぱWarmothかなー?でもそれってワンパターンだよなー。
ちょっと形違うし・・StewMacは自分とこで造ってないからなんかイヤだし・・」
で、以前から目を付けていたUSA Custom Guitarsに試しに注文してみる事にしました。

なんでここに目を付けていたかというと、2001年の終わり位から米国の多くの
掲示板で「ここが最高!」とか「すごくプロフェッショナルな対応で
親身で親切」等といったポジティブな意見を頻繁に見かけるようになって
きたからです。

ここはギターのネックとボディを主に扱っている所で、
ちょっと調べたところでは、彼らはなんと元Warmothの社員で、主義だか何だかが
自分達の考えと違っていたために独立した人達なのでした。
(要はケンカでもしたのかね?)
ちゃんと最新のCNCルーターや機材も揃えているし、当然Compound Radiusのように
手で正確に削り出すのは絶対に不可能といった注文もOK。
その他のイレギュラーでややこしい形のネックやボディの注文も正確にルーターを
プログラム出来る技術者もメンバーにいる。
もちろんCNCを使わずに通常の工具と手作業だけだってなんでも出来るそう。
メーカーのOEM生産も受けているし、Warmothの高度な技術、ノウハウは
きっちり受け継いでいるようです。

 


で、実際にオーダーのためにemailを何回かやり取りして即納得!

アメリカの会社なのに、アメリカの会社のくせにすっごく親切丁寧!

以前他の所に問い合わせた時はこうは行きませんでした。

久々に感激したので、ここはお願いして当サイトで紹介させてもらうことにしました。


やたら細かくスペック指定した筆者のネックが出来るのを待っている間に
例によってインタビューです。

  まず始めに会社を始めた経緯を聞かせて下さい。
Tommy
(USACG)
私達は2000年の10月からこの会社をスタートしました。
私達は楽器造りという事は車やコンピューターを造るのとは根本的に異質な事だと
思うのです。ギターを造る人間はすぐれたギターリスト、ミュージシャンであるべきだと
考えています。当然その方が個々の仕事に対して工夫やアイディアをインプット
できますし、お客様のオーダーを正確に受けるだけでなく、適確なアドバイスも
できますしね。

そういう考えのメンバーが集まって最高品質の楽器、パーツ、そしてより良い
カスタマー・ケアーを適価で提供する事を目指してこの会社を始めました。
現在は8名のメンバーが働いています。
  なるほど、もっともです。では貴方達はいったいどういう人達なのでしょうか?
Tommy
(USACG)
私達は全員がプロフェッショナル・プレーヤーです。分野はそれぞれちがいますがね。
USACGでの仕事も「仕事」と言うよりは好きな事をやっていると言った方が
近いでしょうね。
  USACGのメンバーの中には元Fender Custom Shopのクラフトマンだった
Brett Faust氏がいますね。個人的に彼の経歴に興味があるのですが?

(昔のPlayer誌でCustom Shopを紹介していた時の記事で彼の名前と写真が
載っていました。あのIwanade氏と同じ時期でした。)
Tommy
(USACG)
OK、では彼自身に答えてもらいましょう。
Brett
(USACG)
私は1988-1991年の間Fender Custom Shopで働きました。私にとっては一つの
夢がかなったようでしたよ。あそこでの仕事と経験は素晴らしい物でした。
しかしカリフォルニア南部の乾燥した気候と交通量の多さが私にとっては
我慢が出来ないものだったので、FenderをやめてPuyallup Washingtonの北部に
引越しました。ここは一年中緑が豊かでもっと落ち着いた環境です。
そして1991年から2000年までWarmoth Guitar Productsで働きました。
そこでも多くの素晴らしい人達と知り合えました。現在はUSACGの一員として
自分が求める最高品質の楽器を造っています。
又一つの夢がかなったと言えますね。
  他にも大きなパーツ・メーカーがいくつかありますが、そういったメーカー
とUSACGとの違いはどこにあるのですか?
Tommy
(USACG)
他の巨大メーカーに出来て私達が出来ない事は何もありません。それどころか、
デザイン・メソッドに関しては私達が最も進んでいます。
これは企業秘密なので説明は出来ないのですが、私達だけにしか出来ない事は
いくつもあります。そうそう、一つだけ私達に出来ない事があるとしたら、彼らのような
大量生産ですね。カスタマーにパーフェクトな物を提供するために一つ一つに
より多くの時間をかけますからね。



デキる。彼らは絶対にデキる!
ふっふっふ・・、こうなるとオーダーしたネックの完成がますます楽しみになってきました!

 


ネック到着! USACGの実力は?

やはり期待したとうり、ハッキリ言って完璧な仕上がりです!
う、美しいーっ!

友人が他社から買ったネックと比べると、フレットのエッジ処理や
指板エッジのRの処理等、細かい所まできっちり丁寧に造ってあるのが
わかります。(写真じゃわかるわけないけど)

それに、当たり前の事のようだけど、結構いろいろ細かい指定をしたのに
オーダーの内容に一つの間違いもありませんでした。
(これってアメリカンな会社なら全然「当たり前」じゃないんですよ)


ちなみにオーダーはこんなんでした;

1) Right Handed Paddle Head でKluson tunersが合う穴を開けて 
2) トラスロッドはHeel adjust
3) 21 fret + 1 fret で rounded fingerboard end
4) Maple ネック Ebony指板 
5) ナットの幅は 1 11/16"
6) .830 thickness C shape contour
7) 9.5" straight fingerboard radius
8) 6150 fretwire
9) 表面にはインレイをつけないで
10) でもサイドにはPaua shell の dotsをつけて
11) アメリカン・シリーズみたいにfingerboard edgesをなめらかにして
12) heelの形はテレじゃなくてストラトをモデルにして


ネックひとつにもこれだけのオプションが自由に設定できるのは
面白いですね。自分はどんなネックでも慣れれば弾ける性質なので、
お願いしたのは上に書いた12項目だけだったけど、こだわる人はさらに
細かい設定をしていく事が可能です。

さて、これを元にヘッドをオリジナルな形に削ったり塗ったりして行く訳だけど、
なんかもし失敗したらもったいないな。
これはこのまま木工作品として飾っといたりして・・って意味ないか。

お店に置いてあるBodyやNeckを「これ下さい」じゃイヤな人にとっては
USACGを検討する価値は十分にあると断言しちゃいます!

 



手で削れるってか!

当ページの最初に
「当然Compound Radiusのように手で正確に削り出すのは絶対に不可能・・」
と書いたのですがそれは大きな間違いでした。

YajimaStringWorksでBrett Faustと一緒にプロジェクトを進めて行くうちにわかったのですが、
彼はなんとCompound Radiusを機械を使わずに手だけで正確に削り出せる人だったのです!
彼が言うには

「Compound Radiusっぽく削れるって程度の人ならたくさんいるんだけど、
正確に削れる人は自分の他には数人しかいないよ。」

なんだそうです。
Brettに限らず、一流職人の方々ってすごい。
 






20150106153522_list.asp



Tag :  GUITAR      GEAR      FEATURES    

T.C.T  Copyright® 2000-2017 All Rights Reserved. by Katsumi