Japanese
English  



Blog/掲示板


オリジナル曲
 
The レリック道


着せ替えギター


illust
イラスト

Gear talk
なーどなGEARトーク

 

エレキギター系
 
* テレキャスターに対する誤解とその真実
* オーナーズ・レポート&改造Report
* ギター/Fenderのオタク的知識
* ジミー・ペイジとテレキャスターの考察
* テレキャス・ユーザーを検証する
* Leo Fenderの仕事に対する姿勢
* ギターお手入れ学
* ニトロ・ラッカーは本当に最高か?
* ギター職人Roy Buchanan
* Dr.K - テレ教祖く
* The GURU - Bill Lawrence
* Tele Players' facts and 語録集
* テレキャスに合うL型プラグ/シールド

 

Features
 
* ストリングベンダー
* MusicMan工場見学
* Stetsbar - とってもCoolなトレモロ
* グリニング・ドッグ−Jimmy Pageの音を再現!
* YAJIMA STRING WORKS
* Joe Barden Guitars インタビュー
* ギタービルダー要チェック! USACG
* Chapran工房1/6ギター
* VanZandt& PGM インタビュー
* Troy Dexter - LAの現場から
* Girlbrand - アートなGIRL達!
* こだわりの楽器屋Music One Workshop
* Temjin Pickups & Guitars工房インタビュー

 

クラシックギター系
 
* パク・キュヒのバリオス
* バッハ BWV998
* 主よ、人の望みの喜びよ
* バッハのシャコンヌ
* Su Mengの超絶っぷり!
* Alberta Khouryのセビリア
* どSな教本
* なんでクラシックギターの指板はフラット?
* トーマスハンフリーのミレニアム
* ギター購入記 in New York
* ギター用編曲コーナー
* 手が小さい人、
Rockな貴方には・・

音楽系ジョーク&実話集

* Jokes
* 実録New York 生活残酷物語 


----------------
Links
LINKS
 

----------------
音楽雑誌が当サイトを
紹介してくれました!







----------------
Old stuff
試奏レポート
Elic Claptonオークションin NY
Fender USA工場ツアー・レビュー
MIDI :ピアノ協奏曲 Emperor第二楽章

----------------
管理人に連絡する


Tele Players' facts and 語録集 
 

 

Albert Collins
「俺はそれまでエピフォンのhollwboxを使ってたんだ。
で、Gatemouthが彼のエスクワイアーを試してみろって
言ったんだ。俺はそのギターのネックがすごく気に入ったんで
すぐに楽器屋に行って頭金を払って来たよ。
最初はテレキャスターなんか買えなかったんでエスクワイアー
を買ってそれにテレキャスターのネックを付けたんだ。」
(どっからテレのネックだけ仕入れたの?
まさかネック取るためにテレも買ったとか・・)



「ストラトよりもソフトなサウンドがいいね」
(彼のはもちろん まだテレキャスが太い音だった頃のやつ。
最近のモデルはもっとトレブリーに音がシフトしたからこんな感想は出ない)



「ストラトはまあ、ロックンロールには適しているけどね。
(テレを使う)他の理由としては俺はブリッジに手をのせて弾くからね。」
(彼はめずらしくブリッジカバーを付けたまま弾く)


「あと、テレはタフでいい。何回も落としたりしてるけど絶対に壊れないんだ。」


facts:
彼は1959年にようやく本物のテレを入手
メインギターは1966テレキャスターカスタムにGibsonスタイルのPUを
フロントに付けたもの
チューニングはOpen Fm、下からF,C,F,Aフラット,C,F で
違うKeyの曲はカポを使用
アンプは1972年の Fender Quad Reverb だそうです。
 
Albert Lee
「初めてのテレは59年か60年モデルで、ローズ指板が付いた最初のやつだ。
楽器屋のやつが 
==ほら、これでキミもJames Burtonになれる!== 
とか言ってね。最初は自分が持ってたレスポール・カスタムと比べると
ミッキー・マウス (*1) みたいに見えたんだけど、弾いた瞬間に
これはすごいと思ったね。音が生きているし、すごくエレクトリックな
感じがしたし、今まで弾いてきたどのギターよりもすごいと思ったんだ。」

「60年代はいろんなギタリスト達と一緒にプレイしたよ。 
その中でも Jimmy Pageとは何回も偶然一緒になってプレイしたな。
よく彼の部屋に行って、一緒に床に寝っ転がってその日のギグの
テープを聞いたりしてた。
彼も James Burton のファンで財布の中に James の写真を入れてたよ。」

facts:
彼がライブ、スタジオで最もよく使うテレは53年製


(*1) ミッキーマウスとはこの場合「安っぽい物」とか「ゴミ」、「カス」という意味
 
Danny Gatton 
1971年にはじめてテレキャスを手に入れたいきさつ
「Bob Berman (Roy Buchananの友達) が僕をセッションに雇ったんだ。彼が
==なんか俺を唖然とさせるようなソロを弾いてくれ。そうしたら俺の53年製
テレはおまえのもんだ==
って言ったんだ。 で、それが僕のものとなった訳さ。」

彼はそれ以前はレスポールを使っていた
「(テレの)メイプル・ネックの見た目とフィーリングが気に入ったんだ。 なによりも
良かったのはテレは、レスポールでは得られないDirtyなブルース・サウンド
が出せるからなんだ」

ストラトも持っている
「・・でもね、もしテレの弦が切れてストラトに持ち替えたとするよね、
そうするともう音の世界が全然ちがうんだ。僕のストラトにはBardenのPUが
付いていてパワーアップされてるんだけど、それでもストラトでテレの
Punchを引き出すのは絶対ムリだね。」

 
James Burton  
「何回も他のギターに替えた事もあるけど、それは単に
面白そうだったのと見た目という理由だけさ。
自分のメインギターはいつでも53テレキャスターで
すべてのレコーディングにこれを使ったよ。」
 
Jeff Beck  
「テレキャスターは、何でもできるような気にさせるから、ものすごく危険だ。
このギターで本来の自分を通り越した大ボラが吹けるのさ。
自分の能力を結集させて、それを正確に弾けるってことは、たまらなく
いい気分なんだが、このギターで誰かを殺しちまうんじゃないか、
本当に観客を全滅させることができるんじゃないか、って気になる。
ちょうど銃を手に戦闘の中に入っていくようなものだよ。
でも、弾丸が入ってないからな。ナイジェルを呼んで、弾丸を入れさせよう。」

(えーっと・・これはつまりホメている・・・んだよね?)
 
Jimmy Page
ジミー・ペイジとテレキャスターの考察 を見て下さい。
 
Mike Stern  
最初のテレはDanny Gattonから買ったやつ。 実はそのテレは元々は
Roy Buchananのものだったという歴史的テレなのだ。
しかし、このテレは残念なことに盗まれてしまったので、彼はスペアーのパーツを
組み立ててレプリカを造った。 (Old Fender の Broadcasterのネックも再現した)
このCopycasterはヤマハが彼のSignature モデルを出すまでメイン・ギターとして
使われた。

(関係無いけど、彼はあのマイルス・デイビスのバンドでヘヴィメタのようなギターソロを
弾いてしまう勇気ある人。ヘタするとマイルスにマジで蹴り入れられます

(ちなみにYAMAHA のMIKE STERN MODEL Pacifica は見た目がなんとなく
テレっぽいシングル・カッタウェイでLight Ash BODY、 PUはセイモア・ダンカン製)
 
Dr.K
「ギターとは女性と同じ、受け入れるもの。」

つまり女性はこっちの都合なんて全く考慮してくれないって事ですよね。
はい、わかります。


氏のインタビューも見て
 





20141223103631_list.asp



Tag :  GUITAR    

T.C.T  Copyright® 2000-2017 All Rights Reserved. by Katsumi